読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人出版会日記

ITエンジニア向けの技術系電子書籍の制作と販売を行う達人出版会のブログです。

AndroidでのEPUBリーダーを比較してみました

先日、株式会社28号大水さんとお会いする機会がありました。その時、Android端末をたくさん持ってるという話をされていたので、「うちでも一つ検証用に欲しいんですよねえ」と言ったところ、あっさり「貸したあげるよ」と、その場でGALAXY Tabを貸していただきました。すごい! ありがとうございます!! PurchasePlug頑張ってください!(<勝手に応援してみる)

というわけで、遅くなってしまいましたが、GALAXY Tab上でAndroidEPUBリーダーをいくつかダウンロードしてみて、日本語EPUB文書を表示させてみました。


結論から言うと、AndroidEPUBリーダーは、iPadiBooksに比べるとまだまだこれからかなあ、という感じです。私の用途(EPUBの技術系日本語書籍閲覧)では、AldikoとCopper Reader辺りがわりと良さげでしたが、気になるところもないではないです。

まず、Aldikoからいってみましょう。

スタイルシートの再現具合は、かなりいい感じです。これならまあふつうに読む気になりそうですね。
ところが、フォントが問題です。どうもCJKの統一されているフォントが使われているらしく、例えば「仕様」の「様」とか「付与」の「与」とかが日本語じゃない感じです。気にならない人は気にならないかもしれませんが、私の場合は読んでてなんか気になりました。ううむ。

あと、上記の表示は実は設定が必要です。書籍の内容を表示しているときに、メニューのSettingsから「More」を選びます。そうすると色々設定情報が出てくるので、そのうちの「Advanced formatting」のチェックを外してください。そうしないとCSSは無視され、端末というかアプリの決め打ちのレイアウトで表示されます(この辺りは以前、桑田さんからもご教授いただきました。ありがとうございました!)。

次は、Copper Readerです。

Copper Readerは自前でIPAフォントを持っているようなので(!)、さすがに中国語っぽい文字表示などはないです。すごい(とはいえiPad/iPhoneヒラギノに比べてしまうと、さすがに見劣りすると言わざるをえないわけですが)。スタイルシート的にもだいぶ再現度が高いです。でも、なんか表の見出しと表の横位置の調節がずれているのは何でだろう…。

あとは、StarBooksも頑張ってます。

ただ、上記3枚目の見出し部分、フォントの高さの計算がおかしいのか上下重なってしまってますね…。あと、背景色も気になります。

ちなみに、一部角丸になっているのは、これはwebkit用のCSS設定で角丸にしてるので、これが理想的な表示です(AldikoやCopperでは効いてない)。


今度は、駄目な方をいってみましょう。全然駄目なやつは置いておいて、典型的に駄目なものは、業界的にはそこそこ有名なFBReaderが挙げられます。

見出しのスタイルシートが効いてないないところもさておき、とりわけ2枚目の真ん中あたり、英字が並んでいるところですが、これは改行がぜんぶすっ飛んでしまっているためです。これはひどい。というか読めない。

改行が落ちる問題については、Moon Readerも同様です。

もっとひどいのになると、日本語がまったく表示できなくなります。例えばCool Reader。

これは論外ですね。

あと、わりと表示は悪くないけど画像が駄目なmyLibraというものもありました。

これはもしかしたらEPUB側の問題かもしれませんが、他の端末では表示されてるのに…という思わないでもなく。


なお、これ以外にも試したEPUBリーダーもありましたが、そもそもどう表示させていいかもよく分からないものもありました。

もっとも、上手く行かなかったり、あるいは上に挙げたものでも表示に問題があるものについて、上述のようなEPUBファイル側に問題があるとか、こちらの使い方が間違っているとか、設定を直せばちゃんと表示されるとかいう可能性ももろもろあったりするのですが、とりあえずはこれが限界です。


いずれにしても、見栄えの良さで言えばまだまだiPadiPhoneには敵わないなあ、というのが正直なところです。例えば著者さんに「こんな感じで表示されるんですよ」とサンプルをお見せする際、iPadではなくAndroid端末を使いたくなることはほとんど考えられない感じです(Apple嫌いな方とかFLOSSの熱狂的なファンの方は例外かもしれませんが)。フォントの問題等解決が難しいところもあるとは思いますが、Android方面のみなさまには今後ともぜひ頑張っていただきたいところです(と、他力本願ですみません)。