読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人出版会日記

ITエンジニア向けの技術系電子書籍の制作と販売を行う達人出版会のブログです。

Jesse Storimer著, 島田浩二,角谷信太郎訳『なるほどUnixプロセス ― Rubyで学ぶUnixの基礎』β版発売開始しました&ただいま特価で提供中です!

なるほどUnixプロセス ― Rubyで学ぶUnixの基礎
Jesse Storimer, 島田浩二(翻訳), 角谷信太郎(翻訳)
達人出版会
発行日: 2013-04-25
対応フォーマット: EPUB, PDF, ZIP

すでに予告済みでしたが、『なるほどUnixプロセス ― Rubyで学ぶUnixの基礎』のβ版を公開しました!

本書はUnixのプロセス周りについて、(カーネル寄りではなく)アプリケーションプログラムを書く人向けに紹介した本です。

この手の本はこれまではCを題材として取り上げているものが多かったですが、本書はそれがRubyになっています。つまり、サンプルなどはみんなRubyで書かれています。とはいえ、それほど複雑なスクリプトは出てこないので、それほどRubyに詳しくない、他のスクリプト言語を使っている方でも十分読めると思います(が、言語ごとに違う部分については注意が必要かもです)。

なんでCではなくRubyなの? という疑問は当然浮かぶと思いますが、これは付録のタイトルを見ると「なるほど」と分かってくるかもしれません。ResqueやUnicornなど、この手のアプリはRubyで書かれており、そしてこれを好きにいじり倒すには、当然のようにプロセス管理の知識が必要になっているわけです。とはいえ、だからといって例えばスティーヴンスの『詳解UNIXプログラミング』をいきなり読み込むのはそれはそれで大変であり、そんなあなたのために本書が書かれたのでした。

全体のページ数としてはそれほど厚くないのですが、実際に読んでみるとそこそこのボリュームには感じられます。コンパクトにUnixプログラミングを学びたい! という方にはうってつけの内容だと思います。

また、本書は(原著が27ドルといい値段なので)当社としては高めのお値段になっているのですが、今回はβ版ということでまずは2,980円でご提供いたします。またこれから翻訳者の方によるあとがきが追加されるなのですが、そちらの方は更新された後にお読みください。

というわけで、GW中の読書にはぜひ本書をどうぞ。